川崎市中原区「武蔵中原駅」徒歩5分
  • 最大
  • 標準
文字サイズ

歯周病

歯周病治療・予防について

歯周病とは

成人の約8割が歯周病を抱えていると言われています。歯周病は、初期の段階では痛みや自覚症状に乏しいため、症状が出た時にはかなり進行している事が多いです。

歯周病の症状

  • 歯ぐきが腫れた
  • 歯ぐきから出血する
  • 口臭が気になる
  • 歯がグラグラする

1つでも当てはまるものがあれば、一度歯科検診の受診をおすすめします。

歯周病予防の大切さ

毎日しっかりと歯を磨くことが虫歯・歯周病の予防となりますが、自分ではしっかりと歯を磨いたつもりでも、実際には磨けていない部分があります。磨いたつもりでもケアが難しいため、成人の約8割が歯周病を抱えていると言われているのが現状なのです。

あなたの歯を守るために、しっかりと歯周病予防を行っていくことが大切です。自分の歯と歯茎の状態を把握することが、予防のための第一歩です。歯医者での定期的なメインテナンス(定期検診)はそのきっかけとなります。

メインテナンス(定期検診)

歯医者で行うメインテナンス(定期検診)では、歯周病予防のため、お口の中の状態をチェックします。そして、歯周病が悪化していかないように、お口の中をお掃除したり、歯みがきの指導をします。

お口の中をお掃除してプラークを落とす!

プラークという言葉は、TVCMなどでも良く耳にしていることでしょう。プラークとは、歯の表面に付着している細菌のかたまりです。この細菌こそが、歯周病菌の原因となっていきますので、歯科医院でキレイに落とします。

自分に合った歯みがきで毎日のセルフケアを!

お口の歯の形、歯茎の状態は人それぞれです。そのため、歯ブラシの仕方、お口の中の汚れの落とし方も人それぞれ違うということです。

実際に、違うからこそ、歯ブラシも「かため」「やわらかめ」など、いろんな種類があります。歯科医院では、歯周病予防のため、お一人おひとりにあった、歯ブラシの選び方から使い方まで、丁寧にお教えしていきます。

毎日の習慣だからこそ、早めに正しい歯の磨き方を身に付けて、歯周病予防の効果を発揮させてほしいと思っています。

上矢印
ページ先頭へ
↑上に戻る